青と赤、二つの煌きがあった

それらはやがて混ざり合い至極の闇となり、純粋な悪意を生んだ。
悪意は意志を持ち人の形を成した。

RAGE-激怒-

CRAVE-渇望-

そして、DREAD-恐怖-

傍らにはいつも「R」があり彼もそれを放さなかった

彼は孤独だった、だかそれ故に異界と向き合う時間が増え

BRAVE-勇気-の星を胸に—